心の科学


普段は皆さまにヨーガ療法のお伝えをしておりますが、私自身は、伝統的なヨーガも行じています。

私の先生のお話でマハラジ(先生の先生)のお話をしてくれる時があります。


その中のお話の一つを紹介します。

マハラジの処へは、いつも、いろんな人が相談に来ていたそうです。


マハラジは結婚はしておりませんが、夫婦間の問題の相談を受けたり、
学校も行ってないけれど、大きな企業の社長から、政治家に至るまで相談を受けていたそうです。


なぜ、さまざまな問題に答えることができていたのでしょうか?


それはヨーガは「心の科学」だから。



自分の心の問題が理解されていれば、自分がその立場になくとも、答えることもできるという事なのです。


私も毎日「心」を見ています。


みなさんもぜひ、心を観察してみてください。


心と自分を「同一視」するのではなく、

心を「客観視」するのです。


きっと様々な発見があるでしょう。


実際、こころは、自分自身ではではなく、いわば、「ツール」そのものです。



発見途中では、見たくない自分を沢山見てしまい、嫌な時期がありますが、それが過ぎると、様々な気づきが生まれ、調和されていくのが感じられます。