✦ 自律神経失調症とヨガセラピー ✦


マインドフルネス認知行動療法
B o d y & M i n d   M e d i c a l  Y o g a   S c h o o l
薬に頼り過ぎない医療としてのヨガセラピー
代替医療として 誰でも「安全」に「効果的」


自律神経は、内臓、血液の機能などを自動的に調整する神経系で、不随意神経系、交感神経と副交感神経からなります。

このバランスが崩れますと自律神経失調症の症状が出始め
たとえば、肩こり、頭痛、便秘、下痢、動悸、めまい、冷え、のぼせなどの症状を招いてしまいます。
また、精神的には、イライラ、焦り、不安、憂鬱、無気力、集中力や記憶力の低下など

強いストレスや、長期的に交感神経の時間が続くと、上手に交感神経と副交感神経のバランスが取れなくなり、交感神経が続いたまま、例えば、眠れないなどの状態を引き起こします。

ストレスがかかる→交感神経優位になる→筋肉が硬くなり過緊張は続く→カラダへのダメージとなり、さらに続くと、うつ病や様々な心身症をさらに悪化させ、日常生活がままならなくなる


薬物療法、理学療法、心理療法、など様々なアプローチのなか、ヨガセラピーは、副作用もなく、また自分でケアができる最適な心理療法/マインドフルネス認知行動療法の一つ

自律神経疾患でお悩みの方は、ヨーガセラピーを日常に取り入れることをお勧めします。

深い呼吸を意識することによって、自律神経の調和が保てるようになります。

悩みや心配ごとがあったり、忙しく一つのことに夢中になっていたりすると、人は呼吸が浅くなり、呼吸を少しの間止めてしまったりもしてしまいます。


自律神経と、ホルモンバランス免疫系は繋がっており、自律神経を整えると女性疾患系、にも有効、また免疫は、様々な病から体を守ります

例えば、便秘の方も普段から、交感神経が優位になり、体がリラックスできてないために、起こる場合があります。人間はリラックスしている時に、涙、鼻水、便意などをいろんなものを出す力が出てくるのです。

呼吸が乱れて浅くなると、深い呼吸に自分で戻すのは難しくなってきますので、
電車の移動中など、ちょっとした瞬間に意識するだけでも大分違ってきます。

もともと、体質的に自律神経のバランスを取るのが難しい方もいます。そういう方は、特にヨガの時間を少し多めにとった方が良いですね。

どうぞ、ご自愛して、人生を歩んでいけますように





しなやかなココロとカラダ をつくる