上手にツール(こころ)をあつかう

8割がたは、心の原因で、身体に不調が現れてくると考えます。


先々の、まだありもしない事への心配ごと

過去の出来事の囚われた、頭の中で繰り返し、


不安や、恐怖は体の免疫力も下げます。身体と心は繋がっていますので、心に何かあると、身体に何かしらの影響が出てくることは常です。

心が、それを呼び寄せてしまうのです。



本来は、健やかな状態が、本当の私たちの姿です

その健やかさが感じられないというのは、自分の心と体がうまく機能していない証拠かもしれません。


本当の健やかさを手に入れる為には、もっと真剣に生きることに向き合ってほしいなと思います。

遊ぶこと、目の前のことから逃げることばかりで、本当に真剣に生きる人は実際には少ないと感じております。

真剣に生きるとは、自分を本当の意味で、大切にすることです。


病院は、病気を治すところではなく、一時的な、対処の場です 

本質的な解決にはならないのです




ほとんどの人が、心にとらわれ過ぎています


なので、本来の事が見えてこないのです



ヨガでは、心(アンタッカラナ)は道具として考えます

道具ですので、上手に使ってこそ意味があります。


でも私たちは、なぜが、その道具に振り回され、そしてそのツール自体になってしまう


心、ツールを上手に扱うには、心の理解と、心の柔軟性が必要です

けして抑圧することでもありません。時には、がんばりすぎることが抵抗であり、抑圧そのものになります。



先日、自分を好きになりたいけど、なれないと悩んでいた方が、「自分は良い部分も、悪い部分も両方あるのが当たり前だから、好きになる必要もなく、このままの、ありのままの自分でいいんだと気づきました」と仰られていました。

ヨーガに出会い、これからの自分がどうなっていくのかが楽しみですと、明るい未来に微笑んでいました。

まさに心の柔軟性です


わたし自身も、人生にはいろんな打撃が起きてくると、一瞬それにとらわれて、泣き叫びますが、

「あ、またツール自体になってしまった」と気づき、本来の安らいでいる状態に戻すのが本当に早くなりました。

心なので、いろんなことに反応するのは当たり前で、それで良いのです。

ただ道具だと思いだすことが大事



皆さんには、心のエキスパートになってほしいなと思っています。

本来の健やかな状態をどんどん実感していただければ思います


みなさんの気づきが、私の生きがい、喜びにもなっております

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。