12月の瞑想

 
 
『楽は苦の種 苦は楽の種』
 
私たちの感じる苦楽は、私たちの、物事の捉え方よって、良いとも思われ、悪いとも思われる、相対的なものなのだと言う教えです。自分で、苦とか楽とか決めつけずに、ともかく、たんたんと行動し続けろというのです。本当は苦も楽もないものです。
 
 
 
☆ 楽と思ったことが苦に変わった体験を・・
 
☆ これは、苦労だとか、楽だとか思う事が多いいかどうかを・・
 
☆ 今抱えている問題の中で、苦楽とおもわずに行動するにはどうしたらよいかを・・