12月の瞑想

                         
                             がいかんじてい
【蓋棺事定】
 
あなたの人生の評価は棺のふたが絞められた跡で決まるので、生きている間にあなたがどのような善悪、高低の評価を 受けても、決して一喜一憂するなという言葉です
生きている間の評価に惑わされるなというのです。
 
 
★低い評価を受けたけれども、それに一喜一憂しなかった時の自分を・・
 
★高い評価を受けて油断してしまったことを・・
 
★今受けている自分の評価をそのまま維持するためにはどのような努力をし続ければよいか・・
 
 
 
今年も早いもので師走となりました。今年も皆さんと様々な角度から一緒に瞑想できたことを有り難く思います
 
来年も、また心の豊かさに結びつくよう、心の柔軟性を皆さんと一緒に築いていけたら幸いです
 
来年の瞑想カレンダーが届きましたので、また、みなさんに配りまーす
 
 **************************