幸せはいつも自分の心が決める

**************************
 いつも何かを探し続けている自分に気づいたことがありますか?

いったい何をそんなに探しもとめているのでしょう


 ネットサーフィン
当てのない買い物
何処かに行きたい衝動


 それはきっと...
いつも、何か
 

心の奥の満たされない自分
心に小さな不満がある証拠かもしれない


不満足だから、満足したいから、いつも何かを探しもとめているのかもしれない


不満や渇望のこころは
人をよりいっそう、不幸せにしかねません
 


 物や愛、状況といった外側の形に幸せをもとめると、それはすぐに消えて無くなるから
一生満足することはできない

それどころか手に入ったとたん、またそれが自分から離れることを恐れ、余計に不幸せを招くことになる


渇望をし続けるあなたを誰も幸せにすることはできません


今ある幸せに
満足する心だけが今すぐにあなたを幸せにする


実際、日常には、たくさんの満足が溢れているのだけれど、私たちはそこに意識が向きにくいのです


例えば
あなたの身体の全細胞は一生懸命にあなたを生かそうとしているこ

暖かい服と布団があり、寒さをしのぐ家があること

毎日お腹いっぱい食べることができる生活

仕事があり、働くことができ、今日も暖かい湯に入れること


あなたはあなたが思う以上に沢山のものに愛され、守られているこ
 を自覚して
 
そこに意識を向けられますように


幸せは、何処か遠くにあるものでも、得るものでもなく
消えてなくなるものでもないし、ましては与えるものでもない


幸せとは、形や状況ではなく


今すでに、ここにあり続けるもの



ましてやあなたが依存や執着しているものの中には決してありえな

幸せという現象がそこにあるのではなく


幸せだとだと感じられる心がそこに存在しているかどうか


の幸せに、気づくあなたがいればそれでよいのです

今、しあわせじゃない人がどうやって、今後の人生幸せを感じることができるでしょう

今、幸せになっていいのです

いつも幸せは自分の心が決めるとはそういうことです



 

満足の心に意識を向けるあなたは
一瞬して幸せになるです。


新しい自分に生まれ変わるではなく、ありのままの今の幸せに気づき感謝できるあなたを信頼しています


暖かい日の光に

頬を撫でる優しい風に

木々や花の心地よい香りに

星々のきらきらとした輝きに



豊かさは
今、豊かだと感じられる人のもとへ余計に訪れるものです





**************************