2014 3月の瞑想

 
       【君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず】

優れた人間は人との和を重んじて付き合うが、理に反してまでむやみに同調しない。反対に、つまらぬ人間はやたら人と同調するが、利害が相反すると離れていってしまう、という先人達の智慧の教えです。利害の多少にかかわらず他人との交わりも大切にして生きないという言葉でもあります。


 ◆ これまでの人生で、人との和に重んじてきたので良かった思えた時のことを・・

 ◆ 他人との和をもっと大切にしていたらな~と残念に思える体験を・・

 ◆今抱えている問題に対して自分の利害を超えて他の人と和するには、どうしたらよいかを・・



ヨーガセラピーのクラスでは5分ほどの座って行う簡単な瞑想をしています。

毎月、内容が変わりますので、ご参照ください。
さらに瞑想を深めたい方は、メディテーションのクラスにご参加をどうぞ