10月の瞑想


『得意淡然 失意泰然』

自分が評価されるときは有頂天にならずに淡々と淡然とし、失意の時であっても騒ぎ立てるずに、大きな心で、泰然としていましょうという言葉です。何が合っても、淡然、泰然としていることは、人を成長に導きます。


★ 気落ちしてしまったときにも、淡然としていられた経験を・・

★ これからの人生で、何が自分の気持ちを最高にしたり失意におとすのか・・

物事上手くいってる時は、おごり高ぶらずに、
上手くいかない時は、大らかに構えていればよいのです~