心をひらく

毎日暑いですね  暑いと元気もでますが

もし体調をくずされている方はゆっくりと休んでくださいね。

とても暑くてバテますから

    


メディテーションクラスを始めてから早一年が経とうとしています

みなさまの心の成長を見れるのが、とてもうれしく思います。


最近はいろんな本にも、瞑想を勧めている内容をよく見ます

瞑想は段々と、私たちの生活の一部になってきてますね



生きていくには様々なことが起こります。

楽しいことや辛いこと 有り難いこともあれば 心苦しい事もあります。


そもそも私たちはなぜ苦悩を感じるのでしょうか?

すべての苦悩の原因は私たちが


「自分が誰かを知らない」


これに尽きる思います。


本当は私たちは、いついかなる時も自分にできる最高の事をしている

本当はすでに完全であるということを忘れてしまっている。



心理的な問題ではなく、本当は哲学的な問題



まずはゆっくりと心をひらいていくように


心に何か衝撃を感じたら まずはその感情をありのままに感じてあげてください

感情を抑圧しないで

感情に良いも悪いもありません

まずはありのままの自分を感じてあげてください


水に落ちて広がる波紋もすぐに消えてなくなるように

感情もそのまましっかり感じてあげればすぐに消えていくものです


感情を我慢し続け、そのまま抑圧してしまうと、その感情は心の奥に沈んでしまいます

トラウマ的な物になってしまわないように


怒りなどの感情は まずその前にある感情に気づいてあげてください

怒り、恨み、嫉妬などの感情は第二次的な感情になります


そのような感情は ほとんど「恐れ」から来ているものと思われます


「自分は恐れているんだ」

「寂しかったんだ」

「辛かったんだ」

「本当はこうやって言ってほしかったんだ・・」


ということをまずは感じてあげてください。


でもよくよく見てゆけば 恐れる必要はないという事に気づかされますね。



『自然があなたのすべてを許しているように

 
       あなたも自分のすべてをゆるしてあげられますように』